« 気の大研究 | Main | 自主性 »

依存しないで(旧オンライン・・・)

6

 

呼吸法の時間を15分から1時間に伸ばして、1ヵ月。
今は「行雲」が入り、華輪も合わせると10分、ほぼ西野塾で行われる基本と同じくらいだろうか。
しかし、あくまで一人でやっているので、大勢でやるのと違って、他人の気も受けながらという要素はない。
その点は劣るが、こういう時期や海外にいる時などは、まったく同じように続けられる利点はある。
仲間で励まし合いながら、ということではZOOMなどを利用して、すでに練習会なども行われているかもしれない。
その場合、パソコンや携帯のカメラを通して、対気はできるのだろうか。やっている人がいればコメントしてください。
個人的な見解だが、
「対気はできると思う」
携帯を使って、音声だけでもできないことはないだろう。
ただし、6か月以上、対気を行ったことのある人とというくらいは条件を付けたくなる。
ただ、私にとって、そこまで対気が重要ではないので、西野塾や練習会などでやれれば十分である。
そういえば、前に「依存」の問題を西野塾に通っている人と話したことがあった。
「呼吸法をものにする」
つもりなら依存するくらい熱心にやり込まなければならない。ただし、ある時点で自分なりに整理して、依存しない形で、自分の生活、人生に落とし込んでいく必要がある。
というような結論だったと思う。

2

 

|

« 気の大研究 | Main | 自主性 »

西野流呼吸法」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 気の大研究 | Main | 自主性 »