« 今は | Main | 依存しないで(旧オンライン・・・) »

気の大研究

Cimg2109

 

時間ができたせいか、久しぶりに
「西野流呼吸法 気の大研究」
というビデオを見ました。
1990年ころのもの。撮影があったのは覚えているので、多くの塾生たちの中に私もいるのだと思います。
これを見る限り、当時は武道色が強くて、先生の対気も迫力があります。
また、初期の若い人たち(私も)の激しい反応、はじけ飛ぶといった感じのリアクション。
「ああ、そうだったよなぁ」
と感じました。
今の西野塾とは、まるで違う勢いがあります。
シャーリー・マクレーンなんかが見学に来たのもそのころだったかもしれません。
 懐かしい顔、顔。
 指導員も含めていろんな方と対気をしました。そのせいなのか、かなり多くの方に見覚えがあります。
また、このブログもそのころの思い出話から始めたので、あのころの渋谷への行きかえり、西野ビル、稽古場、渋谷の場外馬券売り場など、周囲の様子や、空気がクリアに思い出せます。
いきいきと、みんなで輝いていた時期だから、そうなのかもしれません。
 ちょっと気になったのは、今の西野塾を支えているY指導員とT指導員の姿でしょうか。
 由美かおるさんに、軽くあしらわれて後退するYさん。いかにも熱心な主婦という雰囲気のTさん。
おそらく、最近の塾生が見てもわからないかもしれません。それくらい変わっています。
 そして当時は彼女たちとたいして差がなかった自分を考えると、今のお二人との大きな差を感じます。
毎日のように稽古場に立って、呼吸法を続けてきただけあって、風格さえ感じるくらいです。
おそらく由美さんも長らく稽古からは離れていたので、かなわないのではないかと思います。
 先日紹介した先生の言葉
「研鑽を積めば、誰もができる」
を体現しているのではないでしょうか。
  
 

|

« 今は | Main | 依存しないで(旧オンライン・・・) »

西野流呼吸法」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今は | Main | 依存しないで(旧オンライン・・・) »