« April 2019 | Main

ちょっと言い訳

やまささん。すいません。😞😞
本にする以上何か付加価値のようなものをと思って、記事を書いているうちに、迷いと、それから最近はご無沙汰の西野塾のことを考えると、少し気が重くなって進んでいませんでした。
ただ、相変わらず記事をまとめて読んでくださる方がいるようなので、読み流してもらうという意味で、本にまとめるのも役に立ちそうな感じがします。
 あとは、「対気」や「基本動作」の進み方が加速した感じがあって、そのあたりは伝えたいという思いがあります。
 しかし、この段階は西野先生もあえて説明しない部分のような気もします。
それやこれやで、まったくまとまらない状態です。
 いちおう、ブログがもとなので、書いた時期ははっきりとしていて、並べていくと徐々に進んでいくのが感じられたり、初期とは違ったことを言っていたりしますが、並べ方でなんとかなりそうです。
 それから、最近は旅番組が多くなって、ああ、あそこでも天遊や華輪をやったなぁと懐かしくなる場所が出てきます。ここ数ヵ月でいうと
 レーゲンスブルグ(ドイツ)、チェンマイ(タイ)、サンノゼ(コスタリカ)、洞川温泉(奈良)、嘉例川駅(鹿児島)、宗谷岬(北海道)
 あたりが、放送されて懐かしく思い出しました。
 遅れて申し訳ありませんが、もう少し待っていただけたらと思います。

 

Kareigawaneko

| | Comments (0)

緩んでいる

 西野塾へ通って、西野先生や指導員などと「基本」をやり、「対気」を重ねている方々。

 運動、健康、美容などのため(最近は老化防止が一番か)に通っているが、基本動作や対気の持つ意味や素晴らしさ

についてわかっているわけではない。

 初期のころ(30年前)から、ほとんど、そんな人たちでした。

しかし
「それでいいんだ」
それで十分に上達しているのではないか」

と最近思います。
私も、今の段階に至る前に、かなり熱心に渋谷へ通っていました。
もちろん、呼吸法や基本動作、「気」についても理解できませんでした。
ただただ、このブログに書いてきたように
「通い」続け
帰りの東横線では、足が熱く、隣の客は寝入り、
「やわらかな幸福感」
というようなものに包まれていました。
今考えると、
「何もわかってはいなかった」
とは言え、十分に身体は緩んでいた気がします。
今は塾に通っていないので、そのころのほうが
「緩んでいた」
のかもしれません。
「それも幸せな時間」
と言えないことはないなぁと最近考えています。

 

そんな
「のんびり」
「くったくのない」
「楽しい」
コメントがあったらお願いします。

先日酔っぱらって書き流したので、読みにくいと思い少し直しました。

 

Img_3358

| | Comments (1)

« April 2019 | Main