« おまけあり | Main | 老いてなお »

西野式

西野塾に戻って、楽しく対気をしています。
ただ、休んでいる間に中国気功や太極拳の方と交流して感じたのは、西野塾で行われているのは、まさに西野流(式)の気の交換であるということです。
「もしかすると、他では通用しないのでは」
と思わされることが何度かありました。
 ベテランの気功師とうまく気の交換ができなかったり、ずっと西野流を続けてきたのに全くの素人扱いを受けたりということから、そんなふうに思ったのでした。。
つまり、20数年も呼吸法を研さんしながら、外では役に立たないということなのです。
 このあたりは西野先生は、はっきりと自覚されていたようで
「ある程度、慣れてこないと飛ばせない。武術としては使えない」
とはっきりとおっしゃっていたような気がします。
 つまり、対気の反応は、ある意味で西野式のバーチャル空間でのみ、成り立つ話なのかもしれません。
 そう考えると、過剰に反応したり、走り回っている人たちも理解しやすくなりますし、逆に反応しない人も
「ノリが悪い人」
「バーチャル空間になじめない人」
ということで整理できてしまいます。
 ところが、ここまで理解すると、私の場合は逆に、
「それでは西野流呼吸法を極めるというのはどういうこと」
かが明確に見えてくるような気がしますし、どのように精進していくべきかもはっきりしてきました。
 これが西野流を続けてきた成果なのかもしれません。
 ただ人間はどうしても長く続けてきたことに何とか価値を見いだそうとする傾向があるようですから断言はできません。

Kamui

 

|

« おまけあり | Main | 老いてなお »

西野流呼吸法」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。稽古歴の割に対気の反応がいまいち?な私ですが、どこかでノリの悪さとか冷めたところがあるのかなと思いました。一度でいいから、稽古場を転げ回るような経験をしたいとは願っております。。

Posted by: 4階住人 | April 29, 2016 at 10:51 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87506/63543449

Listed below are links to weblogs that reference 西野式:

« おまけあり | Main | 老いてなお »