« コメントありがとうございます | Main | 西野先生笑う »

温泉気分

 英語の不要なコメントを整理しながら、最近いただいたコメントにいくつか共感できるところがあったので、書いてみます。
「柔らかく爆風の様に出た気で飛ばされた感覚」これ、私も感じましたあれは何なんでしょうか。どこから出ているかはわかりませんが、私も同じような感覚を味わっていました。そして、西野先生以外からは、この感覚を感じることはありません。
「2チャンネルを覗いたりしましたが、誹謗中傷があまりに多くて、とても首を突っ込む気になれませんでした」
全く同感です。最近は覗いてみる気もしません。
 それから、思考停止と言えばほとんどの塾生はそうかもしれません。気持ちがいいから、身体が暖かくなる、身体の調子がいいから
というのがほとんどのようです。
『膝から下は温泉に浸かっているように』
と指導員が言うたんびに、ここの人たちは全身温泉に浸かっているようだと思って可笑しくなります。
 初期のころは、ほとんどの人が、もう少し西野流の可能性とか、自分の身体能力の向上ということを信じていたようです。あのころの熱気というか雰囲気がとても懐かしい気がします。
 そんな中でも、意外に80歳近い方と話すと、その前向きさに驚かされることが何度かありました。そういう人に共通するのは、「感応ごっこ」におそろしく冷淡なこと、それから私もそうですが、いまひとつ力が抜けきらないところでしょうか。
 

|

« コメントありがとうございます | Main | 西野先生笑う »

西野流呼吸法」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。いつも楽しく拝読しています。
20代後半に入塾し、途中10年程度のブランクをはさんで、現在50代半ばにさしかかっております。
初期の頃の熱気は、確かによーく覚えています。武道系の人も多かったですね。強烈な気を発する準指導員の一撃にあい、思わず床に伏せるなんてこともありました。道場の雰囲気の変化は、全体的な塾生の高齢化も影響しているのではないでしょうか。
今は、激しい感応をする訳でもなく、淡々と稽古をしております。とはいえ、わずかながらも身体の反応が変わってきたり、また、何よりも稽古が終わった後の爽快感がたまらないので、続けているようなものです。

Posted by: 4階住人 | October 17, 2015 at 12:01 PM

稽古の後の爽快感。そういえば、しばらく西野塾に行っていないので忘れていました。やはり、今はそれが一番の動機になって、皆さん行かれているのかもしれません。

Posted by: ダンサーズイメージ | October 20, 2015 at 09:26 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87506/62472920

Listed below are links to weblogs that reference 温泉気分:

« コメントありがとうございます | Main | 西野先生笑う »