« 気の場 | Main | 華輪を振り続ける »

羽黒山

西野塾には相変わらずご無沙汰していますが、気の感覚は、高まっているようです。
  しばらく羽黒山に滞在して、毎日参拝しては、宿で呼吸法を行っていたせいだと思います。
  高野山もよかったのですが、外国人が多いのと、ケーブルで上がってしまうと、あとは観光地の中を散策するだけなので、私にとっては、こちらがあっていたようです。
   幸い、東北地方は雨が少なく、毎日がいい天気で羽黒山、月山などを歩きながら、気が向いたら瞑想をしたり、呼吸法を行ったりしていました。
   また、WiFiの感度も良くて、仕事もはかどりました。
   山菜をふんだんに使った料理も絶品で、これもよかったのでしょう。
1000年杉の天辺をさらに、気を上げて、一気に下げて地中深くへ沈みこませる。という壮大なイメージでやってみると、いつもよりは感じがはっきりして、なにか柔らかなものが全身を貫いていきます。
 そして、ずいぶんといろんなところで、華輪や天遊を繰り返してきながら、身体や細胞が、西野塾へ行き始めたころの新鮮な驚きを、いまだに忘れていないのを感じます。

Photo


|

« 気の場 | Main | 華輪を振り続ける »

西野流呼吸法」カテゴリの記事

Comments

羽黒山ですか……私は、所謂パワースポットなる所は、入塾3年目?頃に大阪の教室へ行ってた時に、高野山へ行き、華輪や足芯呼吸を試してみましたが、特別な感覚はアリマヘンでした。まだまだ未熟なレベル(入塾前に本で独習して一人稽古暦約6年)だったのが理由かな??……それ以来パワースポットなる所には興味がアリマヘンでしたが……今のレベル(入塾11年目)だと、何か感じるのかなぁ……。

Posted by: 痴呆会員 | July 21, 2015 at 11:33 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87506/61912484

Listed below are links to weblogs that reference 羽黒山:

« 気の場 | Main | 華輪を振り続ける »