« がんばれ南関東競馬 | Main | 謎の女(ひと) »

佐々木竹見カップ

 最多勝利のことを書いていたら、今日(1月28日)が佐々木竹見カップジョッキーズグランプリの日だった。
これは
「川崎競馬に所属し日本人騎手最多勝である7153勝(中央競馬含む)を達成した佐々木竹見元騎手の偉業を称えて創設された。日本では極めて少ない騎手名が冠となっている競走である」
 ということで、毎年、川崎競馬場で開催されている。
 日本各地の地方競馬から選ばれた騎手に中央競馬の騎手も加わって、争うことになっている。
 腕くらべとはいえ、やはり馬が走るので、騎乗馬に恵まれるかどうかということが大きいだろが、やはりこれまでの優勝者や上位者をみると、それなりの結果になっている。
 今年は浦和の繁田騎手が優勝、そして的場騎手が2位、高知の天才騎手赤岡が3位だったようだ。
 いずれも各地方競馬を代表する騎手に交じって、準優勝。すごいことだ。
 タブレット端末で、表彰式を見ていたが、繁田騎手や赤岡騎手とのやり取りの様子、そして佐々木竹見氏から賞金を受け取る様子など、的場騎手には、ここのところ余裕というか、風格が出てきたように見える。
 そろそろ競馬ともお別れしたいが、的場が乗っている限り、暇を見て足を運ぶことになりそうだ。

20140128_525904

写真はブログ「南関魂」からお借りしました。

|

« がんばれ南関東競馬 | Main | 謎の女(ひと) »

競馬」カテゴリの記事