« November 2012 | Main | January 2013 »

さよなら2012年

  今年もあと数時間で終り。
 西野流呼吸法については、それなりに成果が上がったことが自覚できた年にな  りました。
 移動距離も地球の円周と言われている4万Kmを一年で超えたようです。あちこちに忙しく旅をしながら、着実に進歩したような気がしますが錯覚かもしれません。ともかく西野流呼吸法のよいところはどこでも、いつでもできることでしょう。
 そして今年は渋谷へもかなりの頻度で練習に出かけました。
 指導員や準指導員の皆さんに、丁寧に教えていただいたので、
「かなり、力を抜いてできるようになった」
 これは、腕、肩、胸、腰、膝というふうに、少しずつ抜けてきたような気がします。あとはしっかりと気持ちを足芯におろして、うまく体の中で気を大きく巡らすことができれば、さらに良くなるのではないでしょうか。
 それから
「丹田と中心軸が意識できるようになってきた」
華輪や対気を行っている時に、特にはっきりとわかるような感じです。
「念ずれば現ず」
というのは野口晴哉さんの言葉ですが、西野塾に入った時に、強くなりたいとは思いませんでしたが、脱力と中心感覚を身につけたいと思ったので、その願いはかないつつあるようです。
 それから、西野先生と対気をするたびに、自分の独りよがりではなく、しっかりと師について学んでいることを確認することができます。これはとても大事なことではないでしょうか。
 これから数年、個人的にも大きく伸びていけそうですし、西野塾も大きく発展するような気がしています。

Ytmfj76rwpbgy6d_1351824019

| | TrackBack (0)

帰ってきました

Ihujtkkpkghskcz_1351823726

 ヨーロッパから帰って、再び渋谷へ。
 ブランクがあった割には、指導員の皆さんからは
「良くなった」
とか
「だいぶ(気が)落ちてきましたね」
などとほめていただいている。
   さすがに、今回はやっと対気が安定し、進境がみえたところでのブランクだったので心配しましたが、なんとかうまく、登り調子を維持できているようです。
 ところで、今の西野ビルは結構遠いようで、皆さん、「ハチ公バス」や井の頭線を使われているようです。塾へ再入会で戻ってくる方も多いようですが、やはり遠くなったと感じられているのではないかという気がします。
 懐かしくて、旧西野ビルのあたりも訪ねてみましたが、いまだに空地のままになっています。雨の時や仕事を終わってからいらっしゃる方には、やはり前の方が良かったように思います。
 逆に良くなったのは指導員のレベルが圧倒的に上がったことではないでしょうか。
 前は、西野先生がいらっしゃらないと
何かスカスカした感じがあったのですが、今はそれが感じられません。
 最近入られた方の上達も、
私たちのころ(20数年前)とは比べ物にならないくらい早いようですし、指導員や準指導員の皆さんが、自信を持って対気をしている感じが、しっかりと伝わってきます。
 それを思うと、少々の坂など問題にならないと言ってもいいのかもしれません。

| | TrackBack (0)

« November 2012 | Main | January 2013 »