« March 2012 | Main | June 2012 »

Cクラスが好き

 最近はとにかく無心で通っています。
時間に余裕があるために、あちこちの時間帯で3階と4階を交互に行くことにしています。
そうやっていろんな時間帯に行ってみると、ツイッターにも時々書きこんでいますが、いくつか傾向でているような気がします。
まず、平日の昼にも大勢の人が来ています。これはかって土曜日や日曜日に来られていた方が、リタイアされて、この時間帯が利用しやすくなったというのが大きいと思います。
ご夫婦やお仲間と楽しそうにお出でになっているのをみるとうらやましい気がします。
これは想像ですが、近辺に良いお店が多くあるので、ゆっくりと食事ができることや、、センター街などの混雑も週末よりはかなり緩和されていることなども原因のひとつかもしれません。
 年配の方は朝型が多いし、帰って夕食というのも理想的な感じです。今後は、さらに充実していくでしょうし、私もそちらにできるかぎりシフトしようかと思っています。
 そして逆に、これまで混んでいた土日のBがそれほどでもなく、Cクラスは明らかに減っているようです。先日、金曜のCの4階に行ったら、30人程度で4列あったので、15回も対気ができました。
 私の場合、家が近ければ、毎日でもCクラスに行きたい気がしますが、家族との時間や一日のローテーションを考えると、犠牲にするものが多くなってしまいます。
 しかし、20年近く、夜の時間帯に無理をして通って得たものの大きさを思うと、時々顔を出していきたいと思わずにはいられません

R09jqqqw1fimbmq

|

心あらたに

Fh2k1gk75dmu5qw

 少し長い旅に出ていて、しばらく西野流とも離れていました。そのために1カ月近く、このブログも記事がないという状態。
 そんなわけで「陽春の宴」で久しぶりに西野先生や指導員のお顔を拝見するということになりました。5時間近い内容については、ホテルのほうも慣れてきたようで、料理を含めて素晴らしいものでした。あらためて先生に感謝したいと思います。
 その中でも特に印象深かったのは、西野先生の合気道の演武を動画で見ることができたことです。やはり見たいと思っていると見ることができるんですね。
 前にも書きましたが、同時期に合気道をはじめていたようで、先生の演武があった時も武道館にいたのですが、観客というより参加者側にいたために見ることができませんでした。
 あらためて見ると、第一印象はユウチューブで見たスティーブン・セガールの若いころの演武ととても似ていると感じました。

http://www.youtube.com/watch?v=UlzQtgwlfiU(前のとちょっと違うが)
 年齢や修行期間(西野先生は2年くらい)を比較すると、先生がいかにずば抜けた身体能力の持ち主であるかが実感されますし、私たちとはミトコンドリアから違っているのではという気さえします。
 合気道は受身を取る側が、ある程度動くために派手な演武にはなりますが、それを差し引いても、さすがだと思います。そして最初と終わりの礼の見事さ、美しさは先生ならではという気がしました。
 私自身が先生が演武している年齢に達しようとしている今、とてつもない差を感じつつも、少し西野流をはじめとした身体(からだ)の使い方について精進してみようという気持ちになりました。

|

« March 2012 | Main | June 2012 »