« September 2011 | Main | November 2011 »

曜日制限がなくなった

 来月から、曜日制限がなくなくなるそうです。
 これは、私にとっては朗報で、今の塾生の数と月末に集中していた現状を考えると、適切な措置だと思います。このブログでも
「できることはすぐに実行する。西野塾本来の感じが出てきたような気がします」(最近の変化)などと書いたので、そのあたりも少しは影響があったのかもしれません。
 また、「ブスパログ(
http://ameblo.jp/biospa/theme4-0031092930.html#main)」というブログには、はっきりと曜日制限の撤廃が書かれてあったので、少し応援の記事でも書いて、なんとか実現すればと思っていました。
「念ずれば現ず(野口晴哉)」
というところでしょうか。
 これまで、うまく調整できずに月末に集中したり、その月はお休みにしたりしていましたが、これからは気楽に通えるようになると思います。
Dc101010  
 

|

ご参考に

 最近は、西野塾をヨイショしたりする記述が増えたかもしれません。特に意図があるものではありません。共感される方もあるでしょうし、どうかなと思う方もあるでしょう。
 思いのほか、たくさんの方に読んでいただいているので、感謝しながら素朴な感想を書いています。少しでもお役にたっていればよいと思います。
 坂の上の西野ビル、基本稽古、対気、指導員、どれも特に不満はありません。あれば通わない。それでいいのだと思います。
 それから、先生や指導員などの西野塾の関係者は、これを読んでいないという大きな前提にたって書いています。
 私のイメージでは、西野塾としては、塾生が練習などについて、どう思っているのか、どんな感想を持っているのかについては気にしないようにしていると思います。
 西野ビルの中の世界については、しっかりと対応するが、一歩出れば、賛辞であれ中傷であれ、それは意味のないものという認識なのではないでしょうか。
 このあたりは、私が運営に携わっているすべての組織やグループにも、適用していますし、西野先生から学んだことの一つだと思っています。
 西野流呼吸法を通じて、それぞれの思いがあり、ただ余りにも単純明快で、あっけらかんとしているので、他のひとが、どんな気持で通っているのか気になることもあるでしょう。
 また、まったく内容のわからない人のヒントになればよいと思って続けています。
 もちろん、こうして書き連ねながら自分の進境を確認する。これが第一番の目的であり効用だと思います。

|

« September 2011 | Main | November 2011 »