« 曜日制限がなくなった | Main | 森に遊ぶ2 »

1989年

 入塾について、あいまいな記載が続いたので、いったいいつ入ったのか確認してみました。
 手帳や会員証などもとってあるのだが、どうもはっきりとわかりません。一番最初の会員証にも年が入っていません。
 おまけに、何度も入退会を繰り返しているので、何年続けているかを意識する必要ありませんでした。合気道のように昇段なども関係ないので、いよいよわかりません。落語のように、一日違いで「兄さん(あにさん)」というわけでもありません。
 最初の頃の記憶は、はじめて行った時に、事務の方の案内で渋谷駅からバスで行ったことぐらいです。あまりにも近いのでなんだと思いましたが、土地勘にない人には、一番わかりやすい案内だったかもしれません。
 電話番号をどこで知ったかというあたりを考えると、「西野流呼吸法」という本を読んで、その本に書いてあったのではないかと思います。
 それから、当時の西野先生の話の中に
「こんど、すごい本を出しますから」
 という話があって、それが「気の発見」という本だったと思います。そうすると、この二つの本が出版される間の期間で、かぎりなく後者の発売に近い時期だったのでしょう。
 したがって、1989年の10月前後が一番可能性があるようです。
 1989年といえば、昭和天皇の崩御、天安門事件、ベルリンの壁の崩壊など、近代史のエポックとでもいえる年ですが。あの年から22年渋谷に通っているということのようです。
 ただ、西野先生ははじめのころから、プライオリティ(優先順位)について、話していらっしゃって、ただ長くやるのでは何の意味もない。どれだけ集中してできるかが重要だということを毎回のようにおっしゃっていました。
 ですから、この時間の長さにどのような意味もありません。

09 提供:ドイツ大使館

|

« 曜日制限がなくなった | Main | 森に遊ぶ2 »

西野流呼吸法」カテゴリの記事