« 気のようなもの | Main | Yさん »

西野先生の近況

 こんなのが、近況といえるかどうかは別として、書いておきます。
 7月中旬。西野塾に復帰して、西野先生と久しぶりの対気をした。
 この間に、私のほうは昨夏以来のブランクがあり、先生のほうも入退院があり、そして東日本大震災もあったのだった。
 しかし
「何事もなかったように」(こういうときに使うんですね)
 はじまり、終わった。
 先生の印象は、少し痩せたかなという気はしたが、立ち姿や動きは全く変わらない。
 大勢の塾生を相手にして、対気をどんどんこなしたり、年配の方に気を入れたりしている。
 こうなるともう人類として例外的な人というのはいるんだとしか思えない。
 何も知らない人が見ると、ただ驚くしかないだろう。2年後の米寿あたりに、またテレビででも紹介されるのだろうか。
 このブログも西野流OBの方が、多くご覧になっているようだが、
「あなたがいたころと何も変わっていません」
とご報告しておきます。
 少し変わったところというと、西野先生が、できるかぎり多くの人と対気をやろうというとされている。そんな先生自身の意欲のようなものでしょうか。
 かといって、人生の最後に「気の真髄を伝える」というような悲壮感もなく、ニコニコと、それは私が入った22年前(1989年に入塾)と少しも変わっていないようです。

Dc092009
 

|

« 気のようなもの | Main | Yさん »

西野流呼吸法」カテゴリの記事