« 合気道2 | Main | 気の力と賭けの関係 »

初期のころの指導員達

 前にも書いたのですが、グーグルの「西野流呼吸法 指導員」という項目で、このブログは一番で出てきます。
 そして、私は指導員ではなく、準指導員でもありません。
 西野流の場合は、内部からのコメントがほとんどないので、指導員のブログがあると面白いし、是非読みたいと思います。しかし、過去に指導員や準指導員であった方も含めて全くありません。
 西野先生自身が芸能界という「噂」や「スキャンダル」の世界に身をおいていただけに、このあたりについて、それなりの見識があるのかもしれません。
 20年以上、変わっていませんし、先生が元気でいる限り(あと50年くらいか)続いていくのでしょう。
 そういう点で、お訪ねいただく方の期待を裏切って申し訳ないと思っています。
 おまけに指導員の方とはほとんど話もしませんし、個々の指導員について書くこともありません。
 このブログがトップで出てしまうのは、あmり西野流呼吸法について書く人がいないということでしょう。これは、塾生の高齢化も原因かもしれません。私が入ったころは平均年齢が40歳前後だったのが、今は60台の半ばあたりが平均ではないでしょうか。ほとんどの塾生にとって、ブログもツイッターも理解不能の世界なのでしょう。
 あとは余計な雑音にとらわれず、ただただ自分の身体感覚や直観にしたがって続けていくという塾生が多いのかもしれません。
 そういえば最近、タモリの番組で紹介された頃の動画がユーチューブで見られるようになりました。先生も60歳前後で
「あのころ西野塾でも、あんな感じだったなぁ」
と懐かしく。今は見かけないかたも含めて指導員達との対気などが見られます。
(そういえばタモリのおならというのもありました。)

http://www.youtube.com/watch?v=oE-L7F9yq9Y

|

« 合気道2 | Main | 気の力と賭けの関係 »

西野流呼吸法」カテゴリの記事