« October 2009 | Main | December 2009 »

旅の途中

 Acimg0599

11月15日、新潟地方は強風のため鉄道ダイヤが乱れた。
 私の乗った金沢発のはくたか6号は糸魚川→直江津間をノロノロと徐行運転したあげく、突然運転を中止するとのことである。
 「ほくほく線は全面運休のため東京方面に向かわれる方は長野経由をお薦めします」
とのアナウンスでホームを駆け上がって信越線「妙高号」に乗り換える。
 ほとんどの乗客の皆さんは移動しなかったが、あの後どうなったのだろうか。
 確かにいきなり運転中止と言われても、すぐには動けるわけがない。
 私のほうは、これが大正解で予定より50分くらい遅れたが目的地に到着することができた。とりあえず「めでたし」というところか。
 西野流をやっているせいなのか、競馬でいつももまれているせいなのか、こういうときの動きが、自慢ではないが(こういう言い方は100%自慢)優れていると思う。
 「感覚は欺かない、判断が欺くのだ。byゲーテ」

 直江津ー長野間は、信越線でも楽しい区間で、「二本木駅」では珍しいスイッチバックに、「新井駅」では「快速SL信越線秋の収穫祭号」に遭遇する。
 車窓からみる妙高山や黒姫山も紅葉の中から立ち上がって見事だ。
 車内販売はないようだが、「入浴セット」とともに「一杯セット」はいつも持ち歩いているので問題はない。ちょっと時間は早いが、そのセット(当日は湊屋藤助「純米大吟醸180ml」、坂角総本舗「ゆかり」と漆塗りの蕎麦猪口)を取り出して、ちびちびとやりはじめる。
 少し食前の酒が効きはじめた正午、普通列車「妙高号」はゆっくりと長野駅に滑り込んだ。

Acimg0598

|

指導員も大変だと思う

Adcimg0094  秋が深まってきた。
  銀杏なども黄色く色づきはじめて、薄い雲が空高くひろがっている。
 夏の終わりから、月に2度くらい新幹線を使う旅行が続いている。
 秋田、盛岡、酒田、米沢、福島、京都、大阪、神戸、金沢、思いつくままに訪ねた街を並べただけですぐに10くらいは出てきそうである。
 ちょうど米の収穫期でもあるので、車窓からは緑から黄色に変わっていこうとしている豊かな景色がひろがっていた。かって、スペインのセルビアからグラナダへと旅していたときに、一面に黄色く広がる「ひまわり畑」に感動したが、日本の穀倉地帯のこのたたずまいの素晴らしさも負けていないと思う。
 そんなわけで、西野塾も月の前半に仕事や旅が入るため、後半にまとめてやることが多く、地方会員と同じようなパターンになっている。
 これまでは、各週にうまく配分して、あまり間をおかずに続けてきた。そしてあまり日数がないときは、維持費を払ってお休みにしていた。
 しかし、集中してやると、また一味違ったものになって、いろいろと得るものがあるようだ。
 それから、これまでは指導員については、好きなことを極めようとしている姿勢がうらやましいと思っていたが、結構大変なのではないかと考えさせられた。
 「こんなことをずっとやっていていいのか」
 「自分は何か勘違いしていないか」
 「もっと、自分を表現できることがあるのではないか」
などと考えるのだと思う。だから、この20年、ずいぶん多くの指導員が去っていったのだろう。ある意味では、準指導員や私たち古参の塾生のほうがずいぶん楽なポジションにいるのだと思う。
 

|

たまには勝つこともあります

 天皇賞はスクリーンヒーローで馬複と三連単が的中。

 たいした理由はないが、祖母のダイナアクトレスの共同馬主だった南田洋子さんが亡くなったので買ってみた。なぜか昔から「弔い合戦」のように関連する馬が好走することがよくあるようだ。

 ダイナアクトレス(冠+女優)→ランニングヒロイン(走る女主人公)→スクリーンヒーロー(銀幕の主人公)という名前のつけ方も何度か書いているように好きです。

 三連単の方は、三点BOXという絵に描いたような美しい馬券で、かろうじて10万馬券となった。おかげさまでここのところの不調を挽回するのに十分な結果となった。

Rac0911011755003n1 産経ニュースより拝借

|

« October 2009 | Main | December 2009 »