« いよいよダービーです | Main | 西野塾へ戻る »

華輪

481240485109

西野流呼吸法の書き込みも、思い出話ばかりでは申し訳ないので最近考えたことなどを書きます。
 西野流の動作で何が好きですか。「天遊」「円天」「行雲」「首回し」「かなめ」?
私の場合は、初期のころは「かなめ」など空手の型に少し似ていて、わりと気に入っていました。
 そして今は、圧倒的に「華輪」が好きです。1000クラブ十種の1番目としても取り入れているので、暇さえあれば振っています。おかげでクラブ員も、なんとなく華輪をやっている状態が続いています。いくらやっても疲れませんし、最近は明らかに自分でも進化したと思います。少しやっているうちに身体の軸がはっきりしてきて、同時にそのほかの部分がしっかりと緩んでくるのがわかります。
 長時間やっても、どこにも痛みもありませんし、止めて歩き出す時も快適です。

 古いおかげで、西野先生や由美かおるさんなどの華輪も何度も見ています。まあ由美さんのはDVDにもなっているので、そちらでも見ることができます。
 骨盤の回転がきれいなので、勢いもありますし、なにしろ手がからだをバンバン叩くので迫力があります。
 バレーをやっていたので当然でしょうが、首のあたりが自由で、軸がしっかりとしています。ただ、物理的に手は痛くなるのではと心配になります。
 西野先生の華輪については、腕は見事に身体にからみつきますが、手は軽く置くように添えて形を整えているような感じであまり音はしません。いまだに、古い人でそんなふうにやっている人がいます。こういう人は相当に古い人だと思います。
 漫然と華輪をやっても身体の軸もわからないし、上からぶら下げられた感じもわからないと思います。かといって、このあたりは自分で探していくということなのか、指導員が丁寧に教えるわけではありません。
 最近では、対気より華輪のほうが実力がわかるのではという気持ちが私の中で大きくなっています。

|

« いよいよダービーです | Main | 西野塾へ戻る »

西野流呼吸法」カテゴリの記事