« 華輪 | Main | グーグル検索と指導員 »

西野塾へ戻る

  前に、もったいぶって書いてしまったので、いまさらなのだが西野塾へ戻ったきっかけを書いておこうと思う。そのときは不思議というか縁のようなものを感じたが、今になって冷静に考えるとちよっとした偶然とかたずけてかまわないくらいの気持ちである。
 その日は、重要な取引先の本社へ行こうとしていた。ちょうど約束の15分前に現地に到着したが、わずかに早い、そこで隣のビルの1階にあったブックオフ(古本屋)で、数分つぶすことにした。
 時間はあまりないので、特価本のあたりをうろついていたら、見たことのない西野流呼吸法の本が目に入った。長いこと渋谷の塾にも行っていなかったし、呼吸法の本もこれ以上必要ないのだが、1000クラブへ持っていって誰かに読ませようかな程度の気持ちで買うことにした。
 それに値段も105円だった。
  それが「西野流呼吸法・自己エネルギー昂揚」という本である。
 その日の商談はなぜか信じられないくらいにうまくいき、家へ帰って本を開くと、大きな楷書体に近い字で「西野 皓三」と書かれていた。多分、ブックオフの店員も書き込みのある本だと思ったのだろう、そのために105円の特価本のところにあったのである。
 前に塾に通っていたころは、渋谷の書店や八重洲ブックセンターで行われた西野先生のサイン会の案内がよくあった。すべてサイン本で持っている熱狂的な人もかなりいるのではないだろうか。一方で簡単に売ってしまう人もいるおかげで、私のところへもやってきたということだ。
 久しぶりに読んだ本は、それまでの本と同じような内容といえば言えるが、それだけに懐かしさや、最初のころに感じた共感もよみがえってくるものだった。
 ただこれだけのことなのだが、翌月には久しぶりの三連単・十万馬券の配当を手に三回目の入会をはたしたのだった。

P1010927t

|

« 華輪 | Main | グーグル検索と指導員 »

西野流呼吸法」カテゴリの記事