« 久しぶりの箱根路 | Main | きょうはいい日だ! »

対気について新考察

P1010724t

 どうも旧タイプで。
と書いたとたんに前に走り出すようになった。といっても指導員がわざと少し気を上のほうに誘導すると簡単に前に走れることがわかったのだった。
「うしろへ行きます」
と指導員が行ったときには、
「エーッ」
というところだったが、結果は見事に走り出した。急に走ったので、脚の裏の筋肉が痛んだ。
「そうか、意外と簡単だったな」
というのが率直な感想である。
 それから、旧タイプの人たちは、昔、先生から
「後ろ走りするときは、膝を緩めて気を落とす」

ように言われたせいで、だいたいがマットあたりで終息するという仮説も考えてみたのだった。膝を緩めていくと、マットあたりで重心が下に落ちて、ちょうどよいのである。
 いずれにしろ、
「どちらもあり」
ということがわかって良かった。
最近では、前に走るというのも悪くない、なるほど、こんな感じなのかと、気が向くと走ったりするようになった。気持ち良いのだが、止めようと思うと止められる。
 
 しかし、なにはともあれ自分なりに一つの階段を登ったのだった
 それから、準指導員の人たちと丁寧にやると、やはり練習量なのか素質なのかあきらかな違いを感じるようにもなった。手や腕の力も抜けて、より身体が緩んできたのかもしれない。

 創始者とともに、これだけ多くの人が、多くの時間、練習を重ねるということが過去あったろうかと思いながら。これはもしかすると、とてつもなく凄い事ではないかという気がどこかでするのだった。

|

« 久しぶりの箱根路 | Main | きょうはいい日だ! »

西野流呼吸法」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87506/60914697

Listed below are links to weblogs that reference 対気について新考察:

« 久しぶりの箱根路 | Main | きょうはいい日だ! »