« 松本を歩く | Main | ブランクあり »

対気・・旧タイプ

 最近、対気をやっていて、なにか周りの流行に置いていかれている感じがします。
どういうことかというと、最近は激しく下がるというよりも、前に駆け出し、壁にぶつかって戻る。
というのが主流のようです。
対気をしていて、指導員が
「うしろっ行きます・・・」
てなことを言って合図をすると、うれしそうに走ってくる。今はやっぱりこれが主流です。
特に女性に多いようです。エネルギーの交流をしていて、大きなエネルギーをもらって細胞が喜んで走り出す。このイメージのようです。

 数年にわたって休んで戻ってみると、そうなっていたのでどうしてこのように変わったのかはよくわかりません。
  それから踊ったり、笑ったり、楽しそうな人たち。これは定型はなくまるきっり自由で、先生に抱きつくというのもあります。これも結構います。

 それに対して私などは、気の押し合いというイメージから抜けられない部分があって、強く後ろのマットに打ち付けられるのですが、自ら走っていくような感じにはなりません。
「旧タイプなんだ」
と思わずにはいられません。
 残念ながら、このような古いパターンはどんどん少なくなっています。そしてこのタイプは、かって指導員が飛ばされていた様子がトラウマのようになっていて、なかなかリニュアルできないでいるようです。

|

« 松本を歩く | Main | ブランクあり »

西野流呼吸法」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87506/44254477

Listed below are links to weblogs that reference 対気・・旧タイプ:

« 松本を歩く | Main | ブランクあり »