« 西野ビルがなくなった | Main | 西野先生の話 »

久しぶりの先生の話

 普通は火曜日に西野塾へ行くことはないのだが、仕事の関係で近くまで行ったので夜のクラスに行ってみた。
 基本動作がわずか30分くらいなので、妙に短いと思っていたら、先生の話が本当に久しぶりであった。
 実は、西野ビルのことを書きながら、先生の話を聞きたいと思ったばかりだったので、あまりの偶然にちょっと驚かされた。
 そして今回は40分くらいもはなし続けるという前代未聞のお話、入塾してから、さすがにこんなに長いことはなかった。なにしろ稽古の時間が2時間しかないのですから。
 内容は、最近の分子生物学で、細胞がコミュニケーションを行うという有力説が現れたこと。それと、西野先生が20年前から唱えていた、細胞同士が語り合う、60兆の細胞を活性化するという話とが見事に符号することについてであった。
 先生もやや興奮気味(というかうれしそうな感じ)で、こちらも20年前にはじめて先生からこの呼吸法の可能性について聞いたときの感動がよみがえってきた。
 そして「人間にとって生きていることが唯一の真実である」「現実はヴァーチャルなものに過ぎない」という話で終わった。
 この記事を読んだ関係者の方、はなるべく早く西野塾へ行ったほうが良いと思います。
 と素直に書いておきます。本当によかった。

01702597

|

« 西野ビルがなくなった | Main | 西野先生の話 »

西野流呼吸法」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87506/43877183

Listed below are links to weblogs that reference 久しぶりの先生の話:

« 西野ビルがなくなった | Main | 西野先生の話 »