« 対リバウンド3-おいしいもの | Main | もうすぐ夏休み »

やめた・・ダイエット最終章

 H17_21023_16 5Kg減量してから5ヶ月。リバウンドは2年くらい経過をみるようですが、さすがに飽きてきた。
 特にテレビや雑誌のダイエット特集が嫌い。これまで、ほとんど見ることがなかったのだが、リバウンドについての考察の役に立てようとまめにチェックした。結果は、どのようなことをやっても多少はやせる、細くなるということがわかった。そして想像だが例外なくリバウンドしていると思う。

 そのうちに、さまざまな手段を用いて、ダイエットを繰り返すこと自体、本当は良くないのではと思いはじめたのだ。何か食べるのにカロリーや脂肪について気に留める。誰がそんなことをしろといったのか。
 脂肪蓄積不安症、ダイエット中毒、リバウンド恐怖症なんとでも名づけられるが脅迫症の一種だろう。
「いまや日本人の10人にひとりがうつ病」というような表現をすると10人に7人くらいが何らかの症状を呈しているのではないか。

 それではどうすればよいのか。フェルデンクライスをやること。そして「自分が何をしているかを知る」。満腹しているのに口に食物を運ぼうとしている手、お腹もすいていないのに習慣的に食卓に向かう足、それを止められるのは、まさに気づきでしかないのだろう。

 そしてレッスンの成果として得られる「自分に対する信頼」こそもっとも必要ではないのか。うまいことフェルデンクライスに戻ったところで最終章としたい。

|

« 対リバウンド3-おいしいもの | Main | もうすぐ夏休み »

ダイエットとリバウンド」カテゴリの記事